カメラ関連

あると便利なカメラアクセサリーや付属品の紹介

2021年4月28日

カメラアクセサリー

こんにちは、しむしむです。

今回の記事では、我が家が使っているカメラグッズや付属品の紹介をします。

オリンパスのOM-D E-M1 MarkⅡやM.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱを使っている人は参考にしてみてください。

カメラグッズや付属品をそろえると、撮影ライフが快適になりますよ!

おすすめ情報

楽天トラベルで先楽キャンペーン実施中!

半年~28日前の予約でポイント最大4倍!!

先楽キャンペーンについてはこちら⇒

早期予約するとお得ですよ。

SDカード

野鳥撮影をする時って連写する時があると思います。

その場合、SDカードの書き込み速度が遅いとデータを書き込むのに時間がかかって、次の撮影にスムーズに行けないことがあります。

そこで速度の速いSDカードがあった方がいいんだけど、速度が速いSDカードって結構高価。

これなら速度も速くてリーズナブルなのでおすすめです。

予備バッテリー

created by Rinker
オリンパス
¥6,745 (2022/05/24 15:57:30時点 Amazon調べ-詳細)

OM-D E-M1 MarkⅡは、バッテリーの消費が結構早いんです。

1日中撮影していると、バッテリー切れになることも結構あるので、予備のバッテリーを持っていた方が安心。

バッテリー切れでせっかくのシャッターチャンスを逃すのはもったいないですからね。

バッテリーは純正品と互換品があるんだけど、僕は純正品を使っています。

値段がちょっと高いけど、その方が安心だからね。

ちなみに互換品はこちら。

純正品よりも劣化が速かったり容量が少なかったりするみたいです。

でもとてもリーズナブルなので、品質の点に目をつぶって買うんだったら有りなのかも。

少なくとも1つは予備バッテリーを持ち歩いた方が良いですよ!!

ストラップ

created by Rinker
オリンパス
¥2,736 (2022/05/25 01:41:13時点 Amazon調べ-詳細)

カメラ本体を買うと、ストラップも付いてきますよね。

OM-D E-M1 MarkⅡに付属されているストラップはしっかりしていて良いんですが、ちょっとごわごわした感触。

なので僕は別売りしているショルダーストラップを使っています。

このストラップは、やわらかい素材で出来ていて、手に巻き付けたりもすることが出来ます。

首にかけた時の感触も良くて、とても気に入っているストラップ。

この商品、とてもおすすめですよ!!


レンズプロテクター

外で撮影していると、何かの拍子にレンズをぶつけてしまうこともあります。

レンズ破損という最悪な事態を避けるために、レンズプロテクターを付けておいた方が良いです。

上のプロテクターは72mmの大きさで、「M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO」や「M.ZUIKO DIGITAL ED 100-400mm F5.0-6.3 IS」似合うものです。

そしてこちらは「M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱ」に合うもの。

created by Rinker
ケンコー(Kenko)
¥2,022 (2022/05/24 18:22:01時点 Amazon調べ-詳細)

使うレンズの径に合うものを買いましょう。

背面保護フィルム

カメラ本体の液晶画面部分に傷つくのを防止するために保護シートを貼っておくのもおすすめです。


インナーバッグ

このバッグは、リュックなどの中に入れて使うインナーバッグです。

普通のリュックやバッグにカメラを入れる際に、カメラに傷がついたりするのを防ぐことが出来ます。

クッション性もあるので、大事なカメラを持ち運ぶときに便利。

カメラって精密機械だし、高級品なのでなるべく傷つけないように運びたいですよね!

レンズフード

created by Rinker
オリンパス
¥2,818 (2022/05/25 01:41:15時点 Amazon調べ-詳細)

これもレンズの保護の役割があるものです。

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7Ⅱは、レンズフードが付属されていないので別途購入する必要があります。

レンズ保護の他にもフレアやゴーストを抑制する役割もあるので、付けておいた方が良いかな。

カメラグッズも揃えて快適に!

以上、僕が使用しているカメラアイテムでした。

どれもあると便利な物だし、バッテリーなんかあった方が良いので、手に入れておいた方が良いですよ。

この記事で紹介したものは、実際に使って便利だと思ったものなのでおすすめですよ!

野鳥撮影についてはこの本を参考にしています。

野鳥撮影の方法やマナーやルールなどが解説されていて、初心者におすすめの本です。

created by Rinker
玄光社
¥2,200 (2022/05/25 09:46:40時点 Amazon調べ-詳細)

ブログランキングに参加しています。

この記事が面白かったり参考になったら、下記のボタンを押してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ お気楽バーダーのゆるゆる野鳥撮影 Let's go birding - にほんブログ村

 

しむしむ家が実際に買って使ってみて良かった商品はこちらにまとめてあります。

 

良かったら参考にしてみてね!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

simsim

東京の公園を中心にバーディングを楽しんでいる中年おっさんです。バーディングを初めてから、東京の公園でもいろんな野鳥に出会えることをしりました。身近にも可愛い野鳥たちが結構いるので、とても楽しい趣味です。ブログやSNSを通じて鳥好きさんと繋がれたら嬉しい。

-カメラ関連
-,