広告 動物撮影 野鳥撮影

秋の北海道野付半島で出会えた野鳥と野生動物。立派な角のエゾシカの迫力が凄かった

野付半島エゾシカ

2023年9月末に行った北海道旅行では野付半島にも行ってきました。

野付半島は北海道の道東の真東に位置する砂嘴(さし)で出来た半島です。

住む人も無く大自然が広がる場所で、野生動物や野鳥の楽園にもなっている場所。

今回の旅ではその野付半島で、動物や野鳥の観察も楽しんできました。

大自然の中で生き生きと暮らすエゾシカやキタキツネなどを見ることが出来ました。

この記事では野付半島で撮影した動物と野鳥の写真を紹介して行きます。

便利なアプリ情報

鳥の名前を調べられるアプリPicture Bird

写真や鳴き声から鳥を判別出来て便利!

出会った動物と野鳥の写真

今回撮影した動物と野鳥は以下の通り。

撮影した動物と野鳥

  • エゾシカ
  • キタキツネ
  • タンチョウ
  • アオサギ
  • クロガモ

撮影出来た種類は少ないですが、野付半島の大自然をバックにエゾシカを撮ることが出来たので満足。

ただワシなどの猛禽類に出会えなかったのは残念だったかな。

それでもタンチョウに出会えたのはラッキーだったと思います

エゾシカ

野付半島エゾシカ

まず一番多く見かけたのがエゾシカ。

エゾシカは北海道の全域に生息する北海道の中では比較的ポピュラーな動物の一種。

今まで北海道旅行に何回か行っていて、その時にも見ているのでそれほど珍しい動物ではないです。

でも、今まで角のある個体に出会ったことなく、いつか立派な角を持つ雄鹿を見てみたいと思っていたんです。

その念願が叶った!

上の写真は野付半島のトドワラという場所で撮ったもの。

トドワラは野付半島に行く人の多くが行く観光スポットで、トドマツが立ち枯れした世界の果て感が味わえる場所です。

そのトドワラにもエゾシカはたくさんいました。

野付半島エゾシカ

人間たちが近くにいても、まったく気にする様子の無いエゾシカ氏。

そばで見るとかなり大きくて、本州の山の中で見るシカに比べても大きいです。

角も立派で威圧感があるね~。

野付半島エゾシカ

こちらのエゾシカの角は小さめですね。

体に斑点模様があるし、今年生まれた子なのかしら。

角は毎年4~5月に落ちて、その後生えてくるようです。

そして9月くらいに白い石灰質の角に成長するんだとか。

立派な角が見たかったら春より秋なのね!

野付半島エゾシカ

トドワラをバックに撮った一枚。

野生動物たちにとっては住みよい場所なのかな。

野付半島エゾシカ

こちらも比較的小さな個体だったので、今年生まれたエゾシカちゃんかな。

ちょいとあどけなさが残ってて可愛かった。

野付半島エゾシカ

こちらは野付半島の別の場所で見つけたエゾシカ。

角が立派で、草の中にいてもわかるね(笑)

野付半島エゾシカ

このエゾシカはめちゃくちゃ強そうね。

草原の中にいても存在感が半端なかった(笑)

野付半島エゾシカ

こちらはまた別の場所で撮った写真。

野付半島内を車で移動していると、ちょいちょいエゾシカを見かける(笑)

この2頭は最初仲良さそうに並んで歩いていました。

野付半島エゾシカ

でも1頭がもう1頭の方を向いたと思ったら。

野付半島エゾシカ

バトルが始まった。

力比べかな。

野付半島エゾシカ

そしてエゾシカが頭を突き合わせて力比べをしているそばをキタキツネが横切る。

野付半島エゾシカ

北海道の自然ってすげーなぁって思った瞬間でした(笑)

野付半島エゾシカ

そんなキタキツネも気にせず力くべはヒートアップ。

結構迫力がありました。

エゾシカを観察しているだけでも十分楽しめる場所ですな。

野付半島エゾシカ

壮大な景色を楽しむのはもちろんですが、野生動物観察もすごく楽しい場所です。

野付半島エゾシカ

野付半島に行ったら是非エゾシカを観察してみてくださいね!

キタキツネ

野付半島キタキツネ

こちらはエゾシカがバトルしているそばを通過してきたキタキツネ。

水中を眺めながら歩いてました。

野付半島キタキツネ

水の中に獲物がいたりするのかな。

毛並みがとても綺麗なキタキツネで、尻尾のモフモフ感がたまらん(笑)

野付半島キタキツネ

結構近くまで寄ってきたけど、ご飯をくれって言うそぶりは見せなかったな。

間近でキタキツネを見ることが出来て嬉しいな。

今まで北海道旅行に行ってもキタキツネはなかなか見ることが出来なかったのよね。

今回の旅ではあちこちで出会えてよかった!

タンチョウ

野付半島タンチョウ

こちらは北海道を代表する鳥タンチョウです。

野付半島タンチョウ

道東をドライブしているとちょこちょこ見かける鳥ではあるけど、野付の大自然をバックに写真が撮れたのは嬉しい。

野付半島タンチョウ

この風景の中に佇む姿はほんと絵になりますね。

2羽でいたんだけど、つがいなのかな。

この光景を見れただけでも、野付半島まで足を延ばした甲斐はあったってものです。

野付半島タンチョウ

野付半島を散策している時に、干潟になっているような場所を見てみるとタンチョウが佇んでいる可能性があるので、見ながら歩いてみてください。

せっかく道東まで行ったのなら、タンチョウの姿も見ておきたいですよね!

アオサギ

野付半島アオサギ

この鳥はアオサギ。

本州にもたくさんいる鳥で全然珍しくないんですが、ナラワラをバックに佇んでいて絵になったので撮ってみました。

野付半島アオサギ

絶景の中にいると普段よく見かける鳥も印象が違って見えますね。

アオサギのシュッとしたシルエットが、ナラワラにとても映えていました。

クロガモ

野付半島クロガモ

最後はクロガモ。

海の方を眺めていたらいました。

かなり遠くにいたのを撮ったので画質は粗いけど、初めて見た鳥だったので証拠写真として撮っておいた。

冬に北日本によく訪れる鳥だそうです。

関東では見かけないわけだ。

真っ黒な体に黄色い嘴が特徴かな。

もうちょっと近くで見てみたかったな。

野付半島ネイチャーセンターで情報収集

野付半島ネイチャーセンター

野付半島にはネイチャーセンターという施設があります。

飲食店やトイレなどがあり、またその日確認された野生動物たちの情報も掲示されています。

野付半島を散策する前に立ち寄って情報収集してから散策に出ることをおすすめします。

またこのネイチャーセンターから、トラクターバスが出ていてトドワラまでトラクターバスで行くことも出来ます。

施設情報

  • 所在地
    北海道野付郡別海町野付63番地
  • 開館時間
    4月~9月:9:00~17:00
    10月~3月:9:00~16:00
  • 休館日
    12/30~1/5
  • 入館料
    無料
  • 駐車場
    無料
  • URL
    https://notsuke.jp/

今回の撮影機材

今回の撮影はこちらの機材を使用しています。

created by Rinker
オリンパス
¥54,880 (2024/06/20 20:23:11時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ビクセン(Vixen)
¥4,752 (2024/06/20 11:12:30時点 Amazon調べ-詳細)

軽量コンパクトでリーズナブル。

それでいて、結構見やすいので重宝している双眼鏡です。

野付半島は野生動物の楽園だった

以上、野付半島で出会った野生動物と野鳥のレポートでした。

何年も前から憧れていた場所でしたが、やっと行くことが出来ました。

行ってみた率直な感想は行って良かった!

そして、思っていた通り野生の楽園でした。

エゾシカにキタキツネにタンチョウに、北海道を代表する生き物たちの出会いに興奮しました。

いつかまた別の季節にでも行ってみたい場所です!

野鳥撮影についてはこの本を参考にしています。

野鳥撮影の方法やマナーやルールなどが解説されていて、初心者におすすめの本です。

created by Rinker
玄光社
¥2,200 (2024/06/20 18:57:10時点 Amazon調べ-詳細)

ブログランキングに参加中

この記事が面白かったり参考になったら、下記のボタンを押してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ お気楽バーダーのゆるゆる野鳥撮影 Let's go birding - にほんブログ村

動物写真ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プロフィール用

simsim

東京の公園を中心にバーディングを楽しんでいる中年おっさんです。バーディングを初めてから、東京の公園でもいろんな野鳥に出会えることをしりました。身近にも可愛い野鳥たちが結構いるので、とても楽しい趣味です。ブログやSNSを通じて鳥好きさんと繋がれたら嬉しい。

-動物撮影, 野鳥撮影
-, , ,