広告 野鳥撮影

近所のカワセミ、3羽の雛が育っていた!

2023年7月15日

カワセミ

先日、カワセミの幼鳥の記事を載せましたが、その時は幼鳥は1羽のみだったんだけど、この前見に行ったら3羽の幼鳥がいました。

以前の記事に載せた場所よりは少し上流にいたんだけど、別の幼鳥が3羽生まれてたのかな。

例によって見に行くのが遅かったようで、今回も親から給餌してもらうシーンは見ることが出来ませんでした(苦笑)

3羽の幼鳥たちは元気に飛び回っていて、時々パパちゃんから威嚇されたり、追いかけられたりしてた。

親元を離れる時期なんだろうなぁ。

でも元気に飛び回るカワセミを観察出来て面白かったです。

便利なアプリ情報

鳥の名前を調べられるアプリPicture Bird

写真や鳴き声から鳥を判別出来て便利!

3羽の幼鳥

カワセミ

その3羽のピヨセミ(幼鳥)がこちら。

こんなに近い位置に複数のカワセミがいるのは、繁殖時期ならでは光景ですね。

普段は縄張り意識が強いので、同じに場所に複数のカワセミがいることは少ない。

幼鳥同士で時々追いかけっこをしていたんだけど、それは縄張り意識が芽生えてるのか、ただ戯れているのかわからなかった(笑)

カワセミ

まだ色が黒っぽいですね。

幼鳥って感じの色をしています。

口が半開きなのが、幼い感じがして可愛い(笑)

カワセミ

体を伸ばして周囲を警戒するピヨセミちゃん。

パパかほかのピヨセミの襲撃に備えているのか(笑)

カワセミ

翼と口を広げて何かをアピール。

威嚇なのかな(笑)

翼を広げるとほんと綺麗よね~。

カワセミ

ステップに留まるピヨセミちゃん。

ここの場所がお気に入りのようで、ここでよくウンチをしているようですね。

壁が白くなっているのはカワセミの糞尿です(笑)

カワセミ

そして大口を開けてぺリットを吐き出す。

ぺリットは、魚などを食べた時に骨や鱗など消化されないものを、まとめて吐き出したものです。

カワセミ

川に捨てられた靴に留まるピヨセミちゃん。

都会の川のカワセミって感じする光景。

こんな川でも繁殖して生きていけるってすごいよね。

カワセミって意外とたくましい鳥なのね。

カワセミ

この川はコンクリートに囲まれた川なんだけど、壁に付けられているステップを見ると、カワセミが留まっていることが多いです。

カワセミにとってはくつろげる場所なのかな。

写真的にはあまり綺麗にはならないけど、これぞ都会のカワセミって感じの光景ですね。


パパカワセミ参上

カワセミ

ピヨセミを観察していたら、どこからともなくやってきた成鳥のオス。

おそらくこのピヨセミちゃん達のパパちゃんね。

子供たちにご飯をあげるのかと思ったら、威嚇して追い回してました。

今年は給餌シーンのタイミング逃してるなぁ。

カワセミ

大事な翼のお手入れをするパパセミさん。

翼の美しさを保つためにメンテも重要よね。

カワセミ

ピヨセミを威嚇するパパセミさん。

ピヨセミちゃんはたまらず飛んでいきました。

カワセミ

パパセミの側を飛んでいくピヨセミちゃん。

近くに行くと追い払われる(笑)

カワセミ

と思いきや、こんなに近くに留まることもあります。

何がしたいのかよくわからん(笑)

カワセミ

微妙に距離をとるピヨセミちゃん。

上がピヨセミで下がパパセミね。

色の違いがよくわかると思います。

カワセミ

ぶつかりそうな勢いで飛ぶこともあります。

追いかけっこして飛翔能力を高めてるのかな~。

最後はこの一枚。

カワセミ

ホバリングをするパパセミちゃん。

ホバリングしている光景、前から撮って見たかったんだよね~。

やっと撮れた(笑)

ホバリングは、翼をパタパタさせながら空中で制止する動作ね。

カワセミのホバリングは空中でピタッと止まって、ほんとすごいのよ。

ホバリングしながら水の中を見て、獲物がいたら飛び込んで捕ります。

飛翔能力の高さがうかがえますな。


今回の撮影機材

今回の撮影はこちらの機材を使用しています。

created by Rinker
オリンパス
¥52,800 (2024/04/22 16:22:35時点 Amazon調べ-詳細)

双眼鏡はビクセンのもを使っています。

created by Rinker
ビクセン(Vixen)
¥4,639 (2024/04/23 07:46:13時点 Amazon調べ-詳細)

軽量コンパクトでリーズナブル。

それでいて、結構見やすいので重宝している双眼鏡です。


今の時期はたくさんのカワセミを見るチャンス

以上、近所のカワセミの様子でした。

この時期は、親子や兄弟の複数のカワセミを同時に見たり撮ったりできるチャンスです。

今回も親が子供にご飯をあげる給餌シーンを見ることが出来ませんでしたが、活発に飛び回るカワセミたちを見ることが出来て楽しかった。

今年はもう羽をパタパタさせて親にご飯をおねだりする光景は見れないかなぁ。

もう一回くらい繁殖しないかな(笑)

野鳥撮影についてはこの本を参考にしています。

野鳥撮影の方法やマナーやルールなどが解説されていて、初心者におすすめの本です。

created by Rinker
玄光社
¥2,200 (2024/04/22 16:47:57時点 Amazon調べ-詳細)

ブログランキングに参加中

この記事が面白かったり参考になったら、下記のボタンを押してもらえると嬉しいです!

にほんブログ村 写真ブログ 野鳥写真へ お気楽バーダーのゆるゆる野鳥撮影 Let's go birding - にほんブログ村

動物写真ランキング このエントリーをはてなブックマークに追加

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
プロフィール用

simsim

東京の公園を中心にバーディングを楽しんでいる中年おっさんです。バーディングを初めてから、東京の公園でもいろんな野鳥に出会えることをしりました。身近にも可愛い野鳥たちが結構いるので、とても楽しい趣味です。ブログやSNSを通じて鳥好きさんと繋がれたら嬉しい。

-野鳥撮影
-, ,